脳梗塞を悪化させないためには早期発見が肝心

笑顔のシニア女性

脳の血管の病気とは

困る女の人

血栓が血管に詰まる病気

脳の血管が詰まったり、血管が細くなり血流が悪くなってしまったことが原因で脳梗塞は起こります。血管が詰まる原因は血管のなかに出来た血栓が剥がれて脳まで流れていき、そこで血管にこびりついてしまうことで起こります。この血栓は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病のために起こった動脈硬化が原因で出来ることがあります。脳や頸部に起こった動脈硬化により血流が悪くなり血栓が出来てしまうのです。また、心筋梗塞や心房細動など心臓の病気で血栓が出来る場合もあります。それに、加齢や高血圧などが原因で血管が詰まり脳梗塞を起こす場合もあるのです。突然脳に起こる病気を脳卒中と言いますが、脳梗塞はその脳卒中の4分の3を占めるほど多い病気です。

早急な治療が大切

脳梗塞の代表的な症状は、片方の体だけが麻痺する片麻痺や片側の手足が動かなくなる単麻痺があります。ときには、体全体が麻痺する四肢麻痺も起こることがあります。そのほかに、意識障害や言語障害、失語症などがあらわれます。これらの症状に気づいたら急いで病院に運ぶことが必要です。脳で血管が詰まると早い時は1時間ほどで脳梗塞が始まってしまいます。脳梗塞が始まった部分は壊死を起こしその機能は失われてしまいます。治療が遅れれば、壊死の部分は広がっていきます。そのため、詰まった血栓を溶かす治療を行っても壊死に陥った部分に大量の血液が流れ込み出血性梗塞になることもあるのです。最近は、CTやMRIで早期に診断ができるようになっており、異常を感じたら早めにクリニックで診察することが大切です。