脳梗塞を悪化させないためには早期発見が肝心

看護師

動脈硬化も原因です

看護師

脳梗塞は脳の中の動脈に血栓が詰まってしまう病気で、麻痺がおこったり最悪の時には死亡をしてしまいます。脳梗塞だと思われるときには、早急に専門医がいる病院で検査を受けることがとても大切なことになってきます。

詳細へ

脳の血管の病気とは

困る女の人

脳梗塞の原因となる血栓は、動脈硬化や心筋梗塞などが要因で出来ることが多くそれが脳の血管に詰まってしまいます。治療が遅くなれば脳の壊死が拡大するので、異常を感じたら早めにクリニックで診察することが大切です。

詳細へ

飲み下しができない

カウンセリング

脳梗塞を起こしてしまってその後の状態が悪い人には、胃瘻が取り付けられることもあります。これは胃に直接流動食を流し込む方法で、食物の飲み下しができなくなった人の処置方法です。最近は尊厳死という考えのもとに、大きき話題になっている処置方法です。

詳細へ

脳の血管が詰まる疾患

女医

脳血管が詰まる疾患の症状

脳へ血液を運ぶ血管が、何らかの原因で詰まることで発症するのが脳梗塞です。脳梗塞は症状が出てしまってからでは手遅れであり、日常生活での「予防」が何よりも重要とされています。脳へ血液を運ぶ血管が詰まってしまうと、脳細胞に血液や酸素が運ばれずに血管の先の脳細胞は死んでしまいます。脳梗塞は突然症状が現れるのが最大の特徴です。その主な症状が、半身の手足の麻痺、呂律が回らなくなる、視野の欠損などです。これらの症状が現れたら一刻も早く救急車を要請しましょう。そして脳梗塞は朝、起床時に症状が現れることが多いのも特徴と言えます。起床時に、軽度であっても麻痺や呂律が回らないといった症状に気付いたら様子を見ずに早急に病院を受診しましょう。

脳血管の詰まりの予防法

脳梗塞発症の最大の要因とされているのが、高血圧、高脂血症、糖尿病です。中でも特に、「高血圧」が要因となり発症するタイプの脳梗塞が最も多いとされています。健康診断などで血圧が高い場合は、脳梗塞発症のリスクが高いと言えるのです。脳梗塞、高血圧の予防として、まずは食生活において塩分の摂取を控えることが重要です。また肥満は高血圧の最大の原因とされていますので、一回の食事は満腹にならない程度に抑えましょう。そして毎日ウォーキング程度の運動を日課とし、肥満を予防することも重要です。そして体内の塩分の排出を促し、血圧を安定させる効果のある「ミネラル」を積極的に摂取するようにしましょう。カルシウムやカリウムといったミネラルを多く含む食材の摂取が、高血圧そして脳梗塞の予防に効果的とされています。